Author Archives: tg5GE5PcwgDT

葉酸サプリの副作用は?飲みすぎると赤ちゃんが喘息になるって本当?

妊活中や妊娠中の女性には、葉酸サプリの摂取が推奨されますが、果たしてこれには副作用はあるのでしょうか。

健康を保ったり、元気な赤ちゃんを産んだりするために葉酸サプリを飲んだのに、かえって健康を損なうようでは意味がありませんよね。

「葉酸サプリの副作用を知りたい」
「危険があるなら飲みたくない」

そのような方も多いのではないかと思います。

そこでこの記事では、葉酸サプリの副作用や注意点についてご紹介いたしますので、参考にしていただければ幸いです。

葉酸サプリに副作用はあるの?

葉酸サプリ 副作用
葉酸サプリには副作用はあるのか、ないのか。結論を申し上げますと、副作用はありません。

葉酸は単なる栄養素であり、サプリメントはその栄養素の配合された栄養補助食品です。添加物たっぷりの安いサプリメントを飲み続けると、なんらかの悪影響が出る可能性もありますが、それは葉酸サプリが悪いのではないのです。

体に悪いものを入れていない、高品質のサプリメントであれば、葉酸サプリで副作用が出るなどということはまずありません。

葉酸は、野菜や肉類などに豊富に含まれています。調理をすると壊れてなくなってしまうのですが、野菜を生で食べるなどすれば、葉酸を体内に取り込むことは可能です。

もし葉酸サプリで副作用が出るのであれば、食事から葉酸を摂った場合にも、何らかの体調不良が引き起こされるということになります。サプリメントによって体調不良が引き起こされるのは、その栄養素それ自体が悪いのではないのです。

サプリメントを飲むことは、食事をすることとそんなに違いはないんですね。

サプリを飲みすぎると……

過剰摂取
ただし、サプリメントの飲みすぎは体に悪いです。副作用とは違いますが、葉酸の過剰症が発現する可能性があります。

たとえば、妊娠中の女性が1日1000㎍以上の葉酸を摂り続けると、おなかの子が喘息をもって生まれてくる可能性が1.26倍高くなるというデータもあります。すべての栄養素に言えることですが、欠乏も、過剰も、体によろしくないのです。

しかし1000㎍というのは、ものすごい量です。妊娠中の女性の葉酸の必要摂取量は1日400㎍。その2.5倍の量の葉酸を毎日摂り続けるのは、わざとそうしないと不可能といってよいでしょう。

1000㎍を超える量を摂取するには、意図してサプリメントを大量に飲むなどしなければならないのです。「うっかり」ということはありえないですよね。

ですから、1日の目安を守って飲むのなら、葉酸サプリによって体調が悪くなるなどの心配はありません。

飲みすぎに注意しつつ、サプリメントを服用してください。

人気の葉酸サプリ最新情報【keeponmoving1998.com


摂取する筋肉サプリを選ぶ基準について

筋肉サプリをとってトレーニングをしようとする際、誰もが迷うことがあります。それは、どの筋肉サプリをとってトレーニングをすればいいのかわからないという点です。

なにもかもがわからない場合、どうやって摂取するサプリを選べばいいのでしょうか。適当に選んでも、さほど問題はないのでしょうか。

結論から言うと、適当に筋肉サプリを選んでも、トレーニングを適切にやっていれば、それなりに筋肉をつけることができます。ですが、それなり以上に筋肉をつけたいなら、摂取するサプリをよく吟味し、そのサプリにあったトレーニングをする必要があります。

では、どうやってサプリを吟味したらよいのでしょうか?

おおまかにわけて、筋肉増強サプリには2種類のものがあります。ひとつはタンパク質を主成分にしているサプリです。プロテインなどがまさにこのサプリに当たりますが、この手のサプリは、筋肉をたくさんつけて人をマッチョにする効果があるので、どんどん筋肉をつけたい人にお勧めのサプリです。

これとは違う、もうひとつの筋肉サプリが、ビタミンやミネラルを主成分にしたサプリです。このサプリも筋トレに効果がありますが、こちらのサプリは筋肉増強サプリであると同時に、日ごろの生活で足りない栄養素を補充する、栄養補充サプリの意味合いもあるので、筋肉増強だけでなく、健康増進などの観点からもお勧めできるサプリです。

なので、ボディビルダーのようになりたいわけではないけど、日常生活をよりよく過ごすために、もう少し筋肉をつけたいという人は、こちらのサプリを選ぶといいでしょう。

つまり、どんどん筋肉をつけたい人はタンパク質系のサプリを、少しだけ筋肉をつけたい人はビタミン・ミネラル系のサプリを選ぶとよいのですが、それ以外にも、サプリ選びには気をつけるべき点があります。それは、サプリの成分表をきっちりと見ておくことです。

同じタンパク質系のサプリでも、サプリによって成分含有量が違います。なので、同系列のサプリであっても、筋肉増強に効きやすいサプリと、そこそこしか効かないサプリがあります。サプリを選ぶなら、こういったことも気を付けておきましょう。

筋肉サプリの成分まとめ【www.joyinhope.org

まとめると、より効果のよいトレーニングをしたいなら、サプリの系列と成分に気をつける必要があります。ボディビルダーのようになりないなら、タンパク質がたっぷり入っているサプリを、健康を維持しつつ筋肉をつけたいなら、ビタミン・ミネラル系のサプリを選ぶのがよいでしょう。


妊娠中には葉酸が必須!サプリメントの代わりに青汁を飲むのはアリ?

みなさんは「葉酸」という成分をご存知でしょうか?

葉酸は、細胞の分裂を助ける働きを持ち、特に妊婦さんにはサプリメント等で積極的に摂取することが推奨されています。葉酸が欠乏した状態のまま放置しておくと、おなかの中の赤ちゃんが、無脳症などの奇形を伴って生まれてくる可能性がありますので、大変危険です。

健康増進のために普段から葉酸を摂取することはもちろん、妊娠中の方はサプリメント等で普通よりも多めに葉酸を摂ったほうがよいのです。

ところで、青汁にも葉酸が含まれていますが、サプリメントの代わりに青汁を飲むというのは「アリ」なのでしょうか?

この記事では葉酸と青汁についてご紹介したいと思います。

葉酸とはそもそもどういう栄養素なのか

葉酸とはそもそも、どういう栄養素なのでしょうか。「葉」という漢字を書くわけですから、野菜に多く含まれている、と考える方が多いかもしれません。

たしかにそのとおりなのですが、葉酸は、肉類や豆類、果てはお菓子にまで含まれており、野菜からしか摂取できないというものではありません。

だとすれば、食事で十分に葉酸を補給できるのでは、と思ってしまいますよね。しかし葉酸にはひとつ難点がありまして、それは熱や水に弱いということなのです。調理された野菜、肉、そういったものからは葉酸は半分(50%)以上失われてしまいます。要するに食事で葉酸(の1日の必要量)を補給するのは難しいということです。

だからこそ、特に妊娠中の方にはサプリメント等での葉酸の摂取が推奨されるのです。葉酸の必要量は、非妊娠時の女性で1日240㎍ですが、妊娠初期の女性は1日640㎍、妊娠中期から後期にかけては1日440㎍、授乳中には1日340㎍必要です。妊娠初期には非妊娠時の2倍以上の葉酸が必要なんですね。

青汁をサプリメントの代わりにするのはOK?

それでは、葉酸サプリの代わりに青汁を飲むのはありなのでしょうか?これは、悪いことではないのですが、あまりおすすめできない方法といえます。それは何故かというと、サプリメントを飲んだほうが効率的だからです。

当然のことながら、青汁に含まれる葉酸の量は、ブランドごとに異なります。国内生産の青汁限定で見ると、最も多く葉酸が含まれているのは「やわたのおいしい青汁」です。

この青汁にはコップ1杯に76㎍の葉酸が含まれています。次いで多いのが「サンスター 健康道場 粉末青汁」で、こちらにはコップ1杯に66㎍の葉酸が含まれています。どうでしょうか、意外と少ないですよね。

仮にやわたのおいしい青汁をサプリメント代わりに飲むとすると、妊娠初期には1日8杯から9杯、食事から多少葉酸を摂るとしても、6、7杯は飲まなければなりません。それを毎日続けていくというのは、ちょっと厳しいものがあるでしょう。

ですから、妊娠中の方は葉酸をサプリメントで摂ったほうが良いのです。そのほうが効率的なんですね。特に「合成」の葉酸サプリは、体内利用率が80%と、素晴らしい性能を持っています。天然サプリは体内利用率が悪いのでかえって良くありません。

合成のサプリメントで葉酸を摂取するようにしてくださいね。


青汁を飲むとどんな効果があるの?

健康食品の代表格である青汁。飲めば身体にいいということはなんとなくわかりますが、具体的にはどんな効果があるのでしょうか?そもそも青汁が効果を発揮するのは野菜不足の解消に起因します。野菜の一日の摂取目安は350gとされていますが、ほとんどの成人男女がその目標値を下回る野菜しか摂取できていないのが現状です。

また、生野菜は食べにくく、調理して食べたいところですが、現代人は忙しくなかなか時間がないという方も多いと思います。そこで手軽に野菜の摂取量を増やせるのが青汁。ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富に含まれる青汁の摂取による代表的な効果を解説します。

1. 老化防止

青汁に多く含まれるビタミンA、Cには老化の原因の一つとも言われる活性酸素の増加を防ぐ効果が認められています。健康的で若々しい身体を維持するには必須の栄養素で、生活習慣病の予防にも繋がります。さらにビタミンCはコラーゲンを生成する上でも欠かせない栄養素。十分な摂取は美肌効果も期待できると言えるでしょう。

2. 骨や歯を丈夫に

骨を丈夫にするカルシウムといえば乳製品や魚が一般的ですが、青汁によく使われる野菜である小松菜やモロヘイヤ、ケールにも多く含まれています。将来的な骨粗しょう症の防止や健康的な歯を維持するために必須の栄養素です。

3. 便秘解消

青汁に豊富に含まれる食物繊維は腸内環境を整えてくれるため、便秘解消の効果が期待できます。さらに糖質や脂質の吸収も抑えてくれるので肥満や糖尿病の防止にも活躍してくれます。

4. 高血圧の防止

青汁にはカリウムも多く含まれています。カリウムには血圧の上昇の原因の一つとされている塩分を排出する働きがあります。高血圧は心臓病や脳卒中を引き起こす可能性があるので、そういった生活習慣病を予防する上で青汁は効果的と言えるでしょう。

青汁といえば、まずくて飲みにくいというイメージが先行してしまいますが、最近は抹茶やフルーツが一緒になった飲みやすい青汁も多く販売されています。健康維持や老化防止に始めてみてはいかがですか?


青汁によって明るい未来が見えた

今、みなさんは青汁でなくて、野菜を積極的に摂取すれば良いというモチベーションでいらっしゃるのかもしれません。しかし、ちょっとこの野菜の変化に注目をしていただきたいと思います。何か最近私達がスーパーマーケットで目撃している野菜は、非常にキレイでいかにも購入したいと思わせるようなものばかりですが、栄養ということで注目をすれば栄養素的にはスカスカだったりします。

現代社会において、私達は、それほど、野菜というものも信用出来なくなってきたという事実があります。今、お母さんたちは、子供さんに野菜ばかり食べさせておけば、子供さんは健康に成長して行ってくれるという思いは果たして正しいのか、じっくり考えていかなければなりません。

しかし、現在、日本人が本来の栄養バランスを保つため、50年前の5倍以上の野菜を食べなければならない、そして食べても追い付かないという現状の問題を抱えていると言います。お母さん、結構これはショックな問題ではないでしょうか。お母さんがそのとき何かしら対策を取らなければならないと思う訳ですが、それが、青汁を飲むことなのです。

青汁を飲むメリット

青汁ならとにかく私達は、手っ取り早い方法で足りない栄養の補給をすることが出来ます。青汁に含まれる緑黄色野菜の成分が農薬・食品添加物などの有害物質をスピーディーに体に排出することで、現代人の野菜不足からくる体のゆがみまで改善してくれます。青汁には期待出来ることが一杯存在しているのです。

とにかく、野菜という存在が、50年前と同じものなら、別に、私達は、それほど青汁と向き合う必要もないと思うのです。それでも青汁を飲んだ方がいいということにはなるのかもしれませんが。やっぱり、野菜を売らなければならないということを業者の人たちは、一生懸命考えてしまっているようですね。商売をしている訳ですし、仕方ないといえば仕方ないと思うのです。

現在、健康維持に必要な野菜の目安として、厚生労働省は成人1日当たり350gを推奨している訳ですが、この量に達している人たちもほとんどいないのではないでしょうか。味・外見・利便性・収穫面の問題をクリアしようと、更に野菜自体がどんどん中身の栄養を置き去りにして成長して行こうとしているので、相当事態は深刻と考えるべきです。

青汁が何かといえば、しっかり栄養のことを考えて作られているので、青汁を信じる分には問題ないと思うのです。野菜は、ただ買ってもらうことが出来る野菜を作ろうというモチベーションになってしまったのではないでしょうか。青汁には、とにかく期待出来る成分が一杯つまっているから期待出来るのです。

青汁の成分

青汁は、青汁が入っているのではありません。青汁の成分は、明日葉だったり、ケールだったり、 大麦若葉だったり、桑の葉だったりします。このようなものを私達は、積極的に摂取することで、健康に、若く、美しく行き続けることが出来ます。例えば、明日葉には、身体を錆びつかせない(アンチエイジング)やむくみ防止・セルライト解消という効果などが期待出来、 大麦若葉では、 便秘改善や疲労回復・動脈硬化改善やがん予防、不眠改善、肩こり改善。更に ケールは、ドライアイ予防や視力回復(ブルーライト対策)・整腸・血行促進(冷え性改善)・老化防止・更年期障害改善・美肌効果・歯や骨を頑丈に・不眠対策・花粉症対策と行った問題を解決することが出来ます。

みなさんが想像している以上に、青汁って、効果を期待出来るものであると思うのです。このようなアイテムを、本当に子供さんの頃より続けていれば、かなり明るい未来が開けることでしょうね。